top of page

英文法のススメ

LRIGHT ENGLISHは英語を英語で学習することをおすすめしていますが、先に英語の基礎、特に英文法を日本語で学んでから取りかかりたい、という声をいただいております。

そのような際にはこちらをざっとご覧ください。英文法の再確認にご活用いただけます。


LRIGHT ENGLISHは英文法を重視していますが、小学校低学年のうちは英文法を学習しないことをおすすめしています。この点について理論的な裏付けはありませんが、文法をキッズのうちにやるべきか否かは賛否両論がありますので、それなら別にやらなくてもいいかな、という考えです。 また、英文法の奥深さをきちんと理解するには、少なくとも中級レベルの英語力があった方がいいと思っています。初級レベルの頃に文法の教科書を読んでも退屈なだけです。


英文法とは英語のルールですが、基本的には英語の構造、単語の順序を文の中で決めることです。日本語と英語では全く文法が異なります。文法で理解しておくべき一番の違いは語順の重要度になります。英文法を学ぶことのうち、半分くらいは語順の理解ではないかと思います。日本語はあまり語順に細かくありませんが、英語は語順が決まっていることが多いです。 繰り返しますが、日本語と英語は語順が違います。そして、もっと大きな違いは語順の重要度が違う。日本語は語順におおらか、英語は語順にうるさい、です。語順が重要と知っているだけで初めの頃は良いくらいです。リーディングやリスニングの学習をこなしていくうちに文法もある程度は身に付きますので、文法を学ぶよりも慣れるに近いです。中級以上になれば、正しい英語がより問われてきます。その際には英文法や英語表現の奥深さを学んでいきましょう!


Comments


bottom of page