top of page

​英語を学ぶ理由・目的

よろしければ、一つ考えてみてください。英語を学ぶのはどのような理由・目的でしょうか?

好きな映画を英語で観たいから、海外旅行に行きたいから、受験や試験で必要だから、世界を舞台に仕事をしたいから、あたりが多くの方が回答されるものだと思います。大きな目標や夢があればモチベーションが上がりますね。モチベーションは英語に限らず勉強にも仕事にも役立ちます。

あるいは、留学に行きたい理由はどのような理由でしょうか。世界で英語は超人気です。若い方もアメリカ、カナダやオーストラリアに留学して英語力を身につけようと頑張っています。この質問は日本ではわりと意識するものかと思います。しかしながら、留学にはお金や時間も必要です。少なくとも英語をスラスラ話せるようになるには2ヶ月くらい必要です。 もしかすると国際的な仕事に就きたいからかもしれません。英語はあたりまえの言語ですから、日本生まれ日本育ちならば英語力は努力していかないといけないでしょう。

前置きが長くなりました。英語に限らずに言語を学ぶ理由は必要ないのかもしれません。日本語を身につけるのに理由や目的もありません。

簡単に言えば、英語だろうが日本語だろうがそれ以外の言語でも、言語は練習すれば身に付く程度のものです。後はどの程度をゴールとするか、という話です。

英語は数学と並び得意・不得意のアンケートで多くの声が寄せられる教科です。得意・不得意が分かれるということは、一部の子には簡単で、他の一部の子には難しいと思われている可能性があります。そのような環境では授業は大変で先生泣かせな教科です。小学校でも英語の授業が始まり、先生もお子様もますます忙しくなります。 LRIGHT ENGLISHを活用して、お子さんも社会人も先生も皆様そこまで思いっきりコミットしなくても、英語がある程度のレベルに到達するのが私達のゴールです。

つまり、英語を学ぶ理由は「大学へ進学する理由」と違って大して考えなくても良いし、考えても良いと考えているわけです。

大学進学は大きな選択です。お金と時間がかかりますから、慎重に考えてから決断したほうが良いのではないかとLRIGHT ENGLISHは考えています。と言いながらも、実際には大学進学をデフォルトとして、大学時代にいろいろ挑戦しながら進路を考えよう、という学生さんもたくさんいらっしゃると思います。それもアリです。

というように人それぞれ理由はあっても良いし、なくても問題なく、これは英語や大学進学だけでなく、それ以外のことにもあてはまるのでないでしょうか。単純に人の関心や興味、重要性は違うということです。

LRIGHT ENGLISHは英語を重要と考えている方だけなく、英語を重要と考えていない方も利用いただけるサービスを設計しております。英語のことを重要と考えていない方にとっても英語は役立つことがあります。

ある程度の英語、ペラペラじゃなくても少し話せて意思疎通ができるレベルは身につけておくと便利です。あまりやる気のない方、忙しい方も安価だからちょっとだけやってみても良いかな、とたまには思っていただけるサービスを目指しています。英語の優先順位が高い方はもちろん、そうでない方も対象ということです。

なぜそのような設計をしているかと申し上げますと、言語だけでは足りないからです。英語だけではグローバルな舞台では競争力不足です。言語以外の技術、サービス、独自性など他の魅力が必要です。従って、英語を先にやるか、それ以外と並行してやるか、先に他をやって後から英語をやるか、ケースバイケースだろうと思います。

英語だけに集中してやる時期があっても良いと思いますが、英語だけずっとやって良いわけではありません。というわけで、英語が優先順位の下位でも利用できるサービス設計を前提にしています。

決して英語を全員に薦めているわけではなく、もしも役立つかもしれない、だけれどもそんなにお金を使いたくない、という方がいれば使っていただけるサービスを用意しておけば、というわけです。 英語は勉強しても良いし、しなくても日本で暮らすには困ることはそんなにありません。もちろん、やる気があってバリバリ身に付けたい方へ応えられるサービスを担保した上でこちらのスタンスを

Comments


bottom of page