top of page

Can

​助動詞はよく使うものにいくつかありますが、特に重要なのが「〜することができる」を表すのがcanです。


can do

be able to do

しかしながらcan にはたくさんの意味があります。


1 〜することができる、能力のcan

2 〜しても良いですか? 許可のcan

3 〜していただけますか? 依頼のcan

4 〜が起こりうる、〜かもしれない、 可能性のcan


メインは1能力のcanです。

1 「〜することができる」能力のcan

I can speak English.

You can do it.

のようにcan + 動詞の形で使います。

canの代わりにbe able to doも使えます。

She is able to run fast.

can doは現在形で過去形の場合にはcould doを用います。

You could play the piano at the age of ten.

10歳の時にはもうピアノを弾くことができた、という意味になります。

同様にbe able to のbe動詞を過去形wasやwere にすることもできます。

I was able to ride on bicycle yesterday.

昨日自転車に乗ることができた。

2 〜しても良いですか? 許可のcan

英語で名前を聞くときは

Can I have your name?

と言います。 

ここに車を停めても良いです、という場合には

You can park your car here.

3 〜していただけますか? 依頼のcan

私を駅まで送ってもらえますか?のような依頼のcan です。

Can you drive me to the station?

can you do?以外にもwill you do? would you do? など依頼はいくつかありますが、その中の一つがcan you do?です。

4 〜が起こりうる、〜かもしれない、 可能性のcan

明日は雨かもしれない

It can be rainy tomorrow.

のように可能性を表すcanもあります。

どのcanなのか、能力、許可を判断するのは慣れです。文の意味や前後の文により1−4のどのcanか判断できるようになります。

Comments


bottom of page