top of page

英語の適齢期?

LRIGHT ENGLISHウェブサイトをご覧くださいまして、誠にありがとうございます。

​英語教育における関心事の一つが何歳から英語を学ぶか、ということだと認識しております。こちらについてのLRIGHT ENGLISHの考えは、

あまり気にすることない、なぜなら後からでも英語は身につくから

になります。英語は幼児期から身につけないといけないものではありませんし、幼過ぎて身につかないということもあります。

一つだけおすすめする点は、英語は受験勉強よりも前に済ませておく、ことです。高校受験、大学受験の勉強はかなりの負担です。負担を分散させる場合、英語の先取りが一つの選択肢かと思います。

小学生のうちに中学英語(英検3級)を、中学2年生までに高校英語(英検2級)を済ませておくのは難易度と受験の大変さから考えると良いかと存じます。英語は受験勉強より前に終わらせてしまうことが可能です。

高校受験や大学受験の多くで英語は必要です。受験勉強は大変ですが、英語だけは先取りして終わらせてしまうことが十分に可能です。むしろ英語を先に終わらせることで英語以外の勉強に時間を充てることができます。

英語を事前に終わらせておけば精神的にも余裕ができます。大学入試では英語一科目だけで合格できることもあるくらいですから、英語を先に終わらせてしまい、他の勉強状況を見ながら決めれば良い、というのも選択肢の一つです。

​いずれにせよ、英語は授業のペースよりも前に終わらせられるものです。小学生でも中学レベルはもちろん高校レベルの英語を身につけることが可能です。英語だけに集中する必要はありませんが、先に英語を進めるというのは悪くない話です。


LRIGHT ENGLISHは幼少期の英語に中立です。やっても良いし、やらなくても良い、というスタンスです。英語教育を子供が小さい頃から始めることが増えてきています。親御さんの意識も変わってきています。保育園で英語、習い事などたくさんの英語プログラムがあります。

​なぜ英語教育が早いうちから始まるのでしょうか。いくつか理由が考えられますが、親が英語で苦労している、英語が話せればさらに選択肢が広がるからかもしれません。

​日本の課題は英語の先生が足りないことです。特に発音が良くない先生では習う上でリスニングやスピーキングは厳しいです。


Commentaires